冬のお楽しみ

やっぱりどう頑張ってもさくちゃんが一番かっこいいわー

隠しきれない8頭身

しかし、今回のアイランドはどうしてキンプリ全員なんだろう。

よくわかりません。

1も納得いってませんが、ハイビーの居るところは意地でも行きますから

一公演入れればラッキーレベルなのか。

なんとなく5忍者の出番が多そうだけど。

ポスターに騙されてはいけないわwww

公演中でも推しは変わります。

トンチキに慣れない人にはオススメ出来ないJr盛り沢山の舞台。

私は楽しみです

今日はCDジャーナル届きました。

まだペラペラとか見てないけどお写真良い

よっ!男前!!

と言いたくなる

テキストは夜じっくり楽しみます。

人工知能と人間

インターネットの通信速度が速くなりどこでも使えるようになって、生活はより便利になった。 スマホという端末で、知りたい情報は直ぐ手に入る。地下鉄でネットが使えるようになったのはまだ最近のことだ。 人工知能AIの発達で人間が頭を使わなくなるのが心配だ。 でも、音楽とか芸術で感性や感情を養うという意味では、その領域はまだAIには及ばない。 昨晩は友人に誘われて、生演奏のジャズライブを楽しんできました。 やさしいメロディーのマイ・フーリッシュ・ハート♪は懐かしくて心に沁みる。 ■オンラインショッピング■ ?    ? に参加中応援いつも感謝です^^♪

こころ感想

読破致しました!

こころ

夏目漱石

発行所新潮社

発行日昭和二十七年二月二十九日

読破日平成二千十八年九月十九日

粗筋

書生の私は、鎌倉で先生と出会う。田舎を出て東京へ上京した私はよく先生の家に遊びに行くことが多くなった。他愛もない話をしたり、先生の事をもっとよくわかりたいと思うようになる。そうして付き合いが続く中で、私の父親の持病が悪化した。先生の妻の母親も同じ病気で亡くしたという。私は心配になり田舎に戻った。が、父は全く元気な様子でそこに居た。拍子抜けしてそこまで大事でもないのだと私は安心しきってまた先生の元へ戻った。が、大学を卒業すると田舎へまた戻った。父は元気で居たが、しばらくして明治天皇が父親と同じような病気で亡くなったのを知ると、急に死を恐れるようになり、どんどん衰弱していく。方に飛び出ている兄と妹は妊娠中だった為代わりに夫を電報で呼び出し、父の死を見届けるつもりでいたのだが、そんな折に突然、長い手紙を先生から送られ、内容が遺書だと知ると、私は書置きの手紙だけを残し、東京へ出る列車に飛び乗った。先生の遺書には、愛と世間体を優先してという親友を、大嫌いな父と同じように騙し抜いて死に追いやってしまったという罪悪感から逃れられず、誰にも理解されない闇の中、ただ、母を失い頼れる存在が自分より他\xA4

北気い箸いΣ聴チ曚丙覆琉戮法∋爐鵑世茲Δ北燭魄絜団イ衒發い討④燭❶⊋傾弔ⓚ瓦唎覆蕕譴燭里如⊇淹爐箸いΨ舛鮗茲襪箸いζ睛討ⅰ④気譴討△辰拭\xA3

夏目漱石こころの深さ。

個人的には私がこの遺書を読んだ後の行動とか、父の最期などもよく知りたいところだったが敢えて書かずに読者に想像させるところが上手い。

元高校の授業で遺書のワンシーンは読んだりなどしていた為、分かりやすかったけど。何も知らずに読んだら、読み返したくなるんだろうなぁ。先生の違和感のある謎の多い発言が遺書で全てあーだからか!ってなるの本当に面白い。先生の遺書は非常に考えさせられる話だった。

遺書の中で、誰にも理解されない、まるで世界に一人だけで生きているような孤独。若しやもこんな孤独の闇をさまよって、寂しくって命を絶ったのだろうか。ならば、今俺は、と全く同じ道を歩いているのではないだろうか。とあったが、実は私も先生のことを家族によく打ち明けなかった為に、誰からも理解されず辛い、寂しいみたいな描写はあったんだよなぁ。

でも本当に先生の遺書は人間らしさもあり共感できる部分も多くあった。最後の268ページでは、

私は私の過去を善悪ともに他の参考に供する積りです。

とある。本当に後世にまで遺すべき素晴らしい作品だ。

あと、大学を卒業し、証書を丸めて持って帰ってくると父親が頻りと喜ぶので、ムッとして私が、

大学位卒業したって、それ程結構でもありません。卒業するものは毎年何百人だってありますP96

と言った時に、父親は、こう返した。

前にお前が帰って来た時俺は元気にしていたが、その時に医者にはもう長くないと言われていたんだ。だから奇跡的にまだこうして、元気で居て、お前の卒業した姿を見ることが出来て、親としても俺は嬉しいんだよ

セリフが長いので自分の言葉で省略しましたクソ

深いなぁと。そうだよなぁってなる。こうもハッキリ文字にすると本当に人に与える衝撃はでかい。丸められた証書を伸ばして、父がそれを飾る描写とかほんと。なんかしんどかったね語彙力

が死んだあと、妻の顔を見るたびにの顔が横切るとか、でも妻にはどうしても打ち明けたくない。打ち明けたら妻に影を差してしまうことになる。妻はただただ可哀想な存在なのだ。世の中で自分が最も信愛しているたった一人の人間すら自分を理解しないこの孤独。何処からも切り離されて世の中にたった一人住んでいるような気。母が死んだあと、妻は、これから世の中で頼りにするものは一人しかなくなったと先生に言ったが、先生は自分すら頼りにできないのに、こんな自分しか頼る者がいなくなってしまった妻を不幸な女だと言う。

ああ、そうそう、なんかね。こころ読んでると、惡の華とも結びつくなぁとか一瞬考えてしまったことがある。惡の華の作者はこころを読んだのだろうか。

なんかね、

私の胸にはその時分から時恐ろしい影が閃めきました。初めはそれが偶然外から襲って来るのです。私は驚ろきました。私はぞっとしました。然ししばらくしている中に、私の心がその物凄い閃めきに応ずるようになりました。しまいには外から来ないでも、自分の胸の底に生れた時から潜んでいるものの如くに思われ出して来たのです。私はそうした心持になるたびに、自分の頭がどうかしたのではなかろうかと疑って見ました。けれども私は医者にも誰にも診て貰う気にはなりませんでした。私はただ人間の罪というものを深く感じたのです。P262

って、部分読んでると、その影とかいうのが、どうしても惡の華、原作の衝撃的な最終回を連想してしまうのよ。だからちょっと関連性を覚えて震えたよね。その後に牢屋の中で出ることも出来ず〜という描写があるが、あれはもう罪悪感だろうなぁと。罪悪感に捕らわれて何もできない。死の道だけが用意されていて、出るとしたらその道しかない。天皇の死を境に、殉死という違和感のないような自殺を選ぶという。その最後の文で、天皇が死ぬ前に遺した手紙というのがあり、そこに、西南戦争の時、敵に旗を奪られて以来、申し訳なくて、死のうと思って今日まで三十五年生きてきたとある。

乃木さんはこの三十五年の間死のう死のうと思って、死ぬ機会を待っていたらしいのです。私はそういう人に取って、生きていた三十五年が苦しいか、また刀を腹へ突き立てた一刹那が苦しいか、何方が苦しいだろうと考えました。P266

って文、本当に考えさせられるなぁと。死にたいと思って苦しんで生きてきた人間は、ナイフで心臓を貫く刹那の苦しみを苦しみと感じないのではないだろうか。今までの苦しみから解放される安堵が勝るのではないだろうか。改めて夏目漱石の偉大さを噛みしめたというか。坊ちゃんはただただ面白かったなという印象しか残ってないけど、このこころは本当にね、伏線の張り方とか上手いし、鳥肌立ったわ。やっぱり考えさせられる話は深く残るからなぁ。俺もどうせ書くならこんな風に頭に残せる作品にしたい。

では

Free!

そういえば話見たんですけど面白かったですねあのノリでやってほしかったんですけどまあ色言いたいことはそれでもあるんですけどて感じがしましたまじで金城おったしキャラデザ紘子みがあって変な声出た

シルバーペンダントトップ猫オーダーメイド

今回は、猫のペンダントトップの作成のご依頼です。お客様よりご指定のデザインで小猫のシルエットをデザインしてありますペンダントトップでございます。シルバーの板をご指定のデザインの形でペンダントトップの大きさは直径40mmに手作りにて綺麗に切り取ってペンダントにしますようにネックレスを通しますバチカンを付けましてネックレスにブラ下げることの出来ますようにお作りしました。お話のご様子からしますとお客様はとても猫のお好きな方のようです。出来上がりをご覧頂きましてとても気にられたご様子でとても喜んで頂きました。

平壌共同宣言

これを実行するための詳細に板門店宣言軍事分野履行合意書を平壌共同宣言の付属合意書に採用し、これを遵守して誠実に履行することにした。また、南北軍事共同委員会を稼動して、軍事分野合意書の履行実態を点検し、偶発的な武力衝突防止のための常時コミュニケーションも約束した。